FC2ブログ

記事一覧

忘年会

昨日の夜はジムの忘年会を行いました☆╲(^O^)/

子供も大人も男性も女性も関係なく、今年も色んな方がたくさん参加されて、たくさん食べて、たくさん呑んで、たくさん笑って、たくさん語り合いました☆

ドリンクのオーダーが見事なぐらいみんなばっらばらでとてもびっくりしましたが。。(゜Д゜;;)

二次会途中まで参加された方も、朝まで残られた方も皆さんどうもお疲れ様でした(-∀-)

今年も一年皆さんどうもありがとうございました☆

また来年も宜しくお願いします

今日は昼過ぎまで爆睡(・_・)


いい言葉が書いてあったので転記します↓

「命とは君たちが持っている時間である」日野原重明(聖路加国際病院名誉院長)

僕が一貫してテーマとしているのは命の尊さです。
難しい問題だからなかなか分からないけれどもね。

でも「自分が生きていると思っている人は手を挙げてごらん」
と言ったら、全員が挙げるんです。

「では命はどこにあるの」って質問すると、
心臓に手を当てて「ここにあります」と答える子がいます。

僕は聴診器を渡して隣同士で心臓の音を聞いてもらって、
このように話を続けるんです。

「心臓は確かに大切な臓器だけれども、
これは頭や手足に血液を送るポンプであり、命ではない。
命とは感じるもので、目には見えないんだ。

君たちね。
目には見えないけれども大切なものを考えてごらん。

空気見えるの? 酸素は? 風が見えるの? 

でもその空気があるから僕たちは生きている。
このように本当に大切なものは
目には見えないんだよ」と。

それから僕が言うのは

「命はなぜ目に見えないか。
それは命とは君たちが持っている時間だからなんだよ。
死んでしまったら自分で使える時間もなくなってしまう。

どうか一度しかない自分の時間、命をどのように使うか
しっかり考えながら生きていってほしい。

さらに言えば、その命を今度は自分以外の何かのために
使うことを学んでほしい」

ということです。

僕の授業を聞いた小学生からある時、手紙が届きましてね。
そこには

「寿命という大きな空間の中に、
自分の瞬間瞬間をどう入れるかが
私たちの仕事ですね」

と書かれていた。
十歳の子どもというのは、もう大人なんですよ。
あらゆることをピーンと感じる感性を持っているんです。

僕自身のことを振り返っても、
十歳の時におばあちゃんの死に接して、
人間の死というものが分かりました。
子どもたちに命の大切さを語り続けたいと思うのもそのためです。

↓ブログランキングに投票されます。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクシング ブログランキングへ

JR神戸駅より徒歩2分!誰でも気軽にボクシング&ボクササイズ!
【月・火・水・金】10:00 ~ 22:00
   【土】   10:00 ~ 18:00
   【日】   10:00 ~ 16:00
神戸スポーツボクシングクラブ
神戸市中央区古湊通1丁目1-23 K&S神戸駅前ビル4F
只今入会金半額キャンペーン実施中!!
http://www.kobeboxing.com/

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

ブログランキング

プロフィール

神戸スポーツボクシングクラブ

Author:神戸スポーツボクシングクラブ
JR神戸駅より徒歩2分!老若男女問わず誰でも気軽に楽しめるボクシングジム♪
神戸市中央区古湊通1丁目1-23-401
http://www.kobeboxing.com/

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム