FC2ブログ

記事一覧

決断は一秒あればいい

桜井 「勝っているのは感性があるからでしょう。私は弟子たちに考えることを全部捨てさせ、「一秒の原則」で麻雀を打たせています。」

たけし 「ビデオを見たらすごい。あんなに速く進むとは。」

桜井 「あのスピードで、手順間違いを一回でもしたら失格なんです。人間というのは、結構、無駄な思考と無駄な動作を持って生きている。だから、迷いがものすごく入るし、間違えた方向に行きやすい。頑張って間違えたほうに行ってしまうんです。だから、要らない思考とか、要らない行動を消せば、無駄なものがなくなるじゃないですか。」

たけし 「おいらはとてもあんな速く手が動かないよ。それにしばらく考えるもの。」

桜井 「なぜ考えるかというと、やっぱり、わからないからでしょう。考えると、そこに弱気とか迷いとか不安が出てくるんですよ。私からすると、弱気とか迷いというのは、もう勝負の上では負けることなんです。速く打てば、迷いや弱気が消えてくる。だから強くなっていくんです。」

【達人に訊け!ビートたけし】


大学生の時に麻雀を見て、みんなが数をそろえようとして苦労しているのを見て、「ただの絵じゃないか」と思って、やってみたら最初から勝ち続けて、裏の世界のプロに引き抜かれた桜井章一氏。

それに対してたけしさんは、「将棋の羽生さんも将棋は絵だと言っていた。自分に合う絵だと勝てるけど、調子の悪い絵だと劣勢だから、自分とってのいい絵にしていこうと」。

理屈ではなく直感

左脳ではなく右脳

「考えるな、感じろ」の世界。

あれこれ考えれば考える程「直感」というものが鈍りますね。

麻雀なんかでも、「あ~やっぱり最初に思った方にしとけばよかった。。」

考えれば考える程、結果的には「駄目な方」を選んでしまっていた。

それはふっと湧いた自分の直感を信じきれず、定石、セオリーにすがりたい自分の「弱さ」からくるものだったり、「迷い」だったり、何かの「欲」がそうさせて、気付いたら本来選ぶべきものと違う方を選んでしまっていた。

そんな経験は誰にでもありますね。

人間に本来備わっている「勘」というものを働かすには、「決断」「一秒」あれば十分なのかもしれません。

格闘技やボクシングなんかのスポーツでも、一秒もあれば何発もパンチが飛んでくる訳で、コンマ何秒かの勘を常に働かせていかないといけないですね。



YouTubeチャンネル → KSBC神戸スポーツボクシングクラブ


↓ブログランキングに投票されます。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクシング ブログランキングへ

JR神戸駅より徒歩2分!誰でも気軽にボクシング&ボクササイズ!

【月・火・水・金】 9:00 ~ 12:30
         16:00 ~ 21:30
  【土・日】   9:00 ~ 17:00
神戸スポーツボクシングクラブ
神戸市中央区古湊通1丁目1-23 K&S神戸駅前ビル401
http://www.kobeboxing.com/

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

神戸スポーツボクシングクラブ

Author:神戸スポーツボクシングクラブ
JR神戸駅より徒歩2分!老若男女問わず誰でも気軽に楽しめるボクシングジム♪
神戸市中央区古湊通1丁目1-23-401
http://www.kobeboxing.com/

ブログランキング

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム