FC2ブログ

記事一覧

自分が見ている

ネットにあったお話です


和尚さまが、大変にお気に入りの小坊主がいた。


その小坊主は、見栄えもよくなく頭もそれほど賢く無かった。


他の弟子たちは、和尚さまのそんな態度に不満を募らせた。


「和尚さまはどうして、あんな奴をかわいがるんだ」


いたるところで、ささやく声を聞いた和尚さまは、


お寺にいる弟子たち全員を集めて小鳥を一羽ずつ手渡した。


「誰も見ていないところで小鳥を殺して、その死骸を持って帰って来なさい。


帰ってきた順に後継者として考えるから。」


弟子たちは、満面の笑顔になった。


「赤子の手をひねるようなものだ」


出発しなさいという和尚さまの声を聞き、


それぞれが一目散に森にかけて行った。


そして、しばらくして一人、二人と息を切らしながら和尚さまの前に駆け寄ってきた。


帰ってきた弟子たちの表情は様々だった。


すぐに帰ってきた弟子たちの顔には笑みが浮かび、


体力が劣り遅れて帰ってきた弟子たちは、がっかりした表情だった。


ほぼ全員の弟子たちが帰ってきたが、


和尚さまのお気に入りの小坊主だけが、まだ帰って来なかった。


誰かが言った。


「逃げ出したんじゃないか」


「そうに違いない。やっぱり・・・」


しばらく、目を閉じていた和尚さまが口を開いた。


「まだ陽が沈んでいないから、沈むまで待ってみよう」


やがて陽は沈み、あたりは暗くなった。


弟子たちが騒がしくなってきた。


これ以上、引き延ばすことが出来ないと判断した和尚さまは重い口を開いた。


「では、そろそろ決断しなくてはいけないようだ。みんな集まりなさい」


その時、森の方から小坊主が帰ってきた。


小坊主は青ざめて疲れ切った顔をして歩いてきた。


小坊主は、まだ鳴き続けている小鳥を胸に抱いていた。


「やっぱりな。ははは。」


弟子たちはその様子を見て、指差して笑った。


しかし、和尚さまは、低い声で小坊主に尋ねた。


「お前はどうして、まだ鳥を生かしているんだ」


小坊主は、目に涙をためながら答えた。

「誰も見ていないところを探しまわっても、そんなところはどこにもありませんでした」


「そうか。誰かお前の後をつけてたとでも言うのか」


「いえ、そうではありません」


「では、誰が見ていたと言うんだ」


「私自身が見ておりました。」


その瞬間、あたりは静まりかえった。



↓ブログランキングに投票されます。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクシング ブログランキングへ

JR神戸駅より徒歩2分!誰でも気軽にボクシング&ボクササイズ!
【月・火・水・金】10:00 ~ 22:00
   【土】   10:00 ~ 18:00
   【日】   10:00 ~ 16:00
神戸スポーツボクシングクラブ
神戸市中央区古湊通1丁目1-23 K&S神戸駅前ビル4F
只今入会金無料キャンペーン実施中!!(新規入会者限定)
http://www.kobeboxing.com/

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

ブログランキング

プロフィール

神戸スポーツボクシングクラブ

Author:神戸スポーツボクシングクラブ
JR神戸駅より徒歩2分!老若男女問わず誰でも気軽に楽しめるボクシングジム♪
神戸市中央区古湊通1丁目1-23-401
http://www.kobeboxing.com/

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム