記事一覧

人生を変えるメンタルトレーニング|強い心を手に入れる方法


人生を変えるメンタルトレーニング|強い心を手に入れる方法

2-3.運動が不安を取り除くことを証明した実験

運動することで、物の見方や感じ方が前向きになり、楽観的になれる

カナダのクイーンズ大学のアダム・ヒーナン氏(心理学)

ヒーナン氏らは、66人の学生を2つのグループに分け、片方にはウォーキングやジョギング、トレッドミルによる運動を10分間行ってもらい、もう片方には座ったまま過ごしてもらいました。

続いて、コンピュータの画面に3D動画を表示し、その動きを観察してもらう心理テストを行いました。

3D動画は、15の点を人間の体を思わせる形に配置し、動かすというものです。

このキャラクターの動きは非常にあいまいで、こちらへ向かって歩いてくる、あるいは離れていくように見える仕掛けになっています。

この実験は、実はストレスや不安を感じている人が動画を見ると、キャラクターが近づいてきているように見える傾向があるといいます。

運動を行った群では、「キャラクターが離れていくように見える」と答えた人が多く、一方で運動をしなかった群では、「近づいてくるように見える」と答えた人が多いという実験結果になりました。

物の見方や感じ方は、心理状態に大きく左右されます。不安を抱えている人は脅威を敏感に感じとり、世界をより危険なものと認識してしまう傾向があります。運動にはストレスを解消し、不安感を取り除く効果があります。

ヒーナン氏

4、その他のメンタルトレーニング方法

ここ一番に勝負強いスポーツ選手として、元ヤンキースの松井秀喜選手が挙げられます。

彼の勝負所の打率は圧倒的な高さを誇っています。

プレーオフでは勝負強いバッティングで試合を決める一打をたくさん積み、09年のワールドシリーズではMVPに輝きました。

日本人打者の中で、メジャーリーグでチームを世界一に導き、ワールドシリーズMVPを受賞した最初の選手、それが松井選手です。

現役時代の彼は人格的にも優れ、抜群に安定したメンタルを誇っていたことで知られています。

中でも、「コントロールできないことを気にしない」と心がけていたエピソードはあまりに有名でしょう。

「気になりません。記者が書く内容は、僕にはコントロールできないからです」

「マスコミから注目されているが、どのように報道されるか気になるか?」という記者からの質問に対して

松井秀喜

自らの技術や調子はコントロールすることができるが、それ以外のことは自分の力ではどうしようもない。

であれば、そこに関心を持っても意味がないし、必要がない、ということでしょう。

一流選手の思考

イチロー選手もかつて打率争いについて尋ねられた時、「他の打者の成績は僕には制御できない。意識することはありません」と話したといいます。

また、ダルビッシュ有投手もかつて田中投手の勝利を「勝ちはコントロールできない」と表現しています。

「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる」

という考えは、アスリートでなくとも、ぜひ真似したい価値のある思考と言えます。

「自分にはコントロールできないこと」で悩む暇があったら、上司や取引先に対する接し方を変えてみる、プレゼン資料を見直すなど、自分でコントロールできることに注力してみましょう。



運動に精神を安定させる効果。これは身を持って感じております。

また、一流のアスリートの思考にも学ぶべき所が大いにありますね。


↓ブログランキングに投票されます。クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクシング ブログランキングへ

JR神戸駅より徒歩2分!誰でも気軽にボクシング&ボクササイズ!
【月~土】10:00 ~ 22:00
 【日】 10:00 ~ 18:00
神戸スポーツボクシングクラブ
神戸市中央区古湊通1丁目1-23 K&S神戸駅前ビル4F
http://www.kobe-boxing.com/

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

ブログランキング

プロフィール

リュウ

Author:リュウ
JR神戸駅より徒歩2分!
神戸スポーツボクシングクラブ
http://www.kobe-boxing.com/

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム